ハーレーの眺め

大切にカスタムしたハーレーを眺めるのもハーレーからの眺めも最高です

不安定なハーレーのアイドリングを解消する方法とは

マフラーアイドリング

ハーレーは、デザインが非常にかっこいい上に走行性能も優れているのが特徴です。さらに、自分の好みに合わせて好きなようにカスタマイズできることから、たくさんのライダーからハーレーは高い支持を得ています。しかしながら、長年愛用していると、アイドリングが不安定になっていつ止まるか不安に感じてしまうことがあります。さらには、走行中にいきなりエンストしてしまうと事故につながる恐れもありえるのです。

ハーレーのアイドリングのが不安定になる一番の原因は、エンジン内部に汚れが溜まってしまうことです。エンジンの内部には色々な部品が複雑に設置されていますが、長年ハーレーに乗っていると土や埃などの汚れが蓄積されていきます。すると、燃焼室に正常な圧縮が生まれなくなることから、アイドリングの不調やエンストなどの症状が起こるのです。その他にも、エアクリーナーに汚れが溜まることもアイドリング不調の原因といえます。ゴミや埃が溜まるとエンジンの始動に必要な量の空気を送り込めなくなり、アイドリングが不安定になるのです。したがって、アイドリングの不安定を解消するためには定期的に汚れを落とすための掃除をすることが大事です。

その他にも、アイドリングの不調の要因としてプラグなどの部品の劣化も挙げられます。プラグが劣化していると火花が弱まるために、アイドリングがきちんと機能しなくなるのです。効果的な解消方法としては、劣化したプラグを新しいものに交換するといいでしょう。自分で交換することができない場合は、整備に出せばプロの方がきちんと対応してくれます。アイドリングが不安定な状態を放置すると事故を誘発する可能性があるので、気になったらすぐに解決することが大事です。