ハーレーの眺め

大切にカスタムしたハーレーを眺めるのもハーレーからの眺めも最高です

ブレーキ関連のパーツをカスタムするとき

何台ものハーレー

ハーレーのカスタムをするときには注意しなければならないことがよくありますが、ブレーキ関連のパーツのカスタムでは特に気を付けなければなりません。きっちりと利くブレーキにしようという方針で手を入れてきちんと仕上がっていればあまり大きな問題にはならないでしょう。しかし、ブレーキがもし利かなくなってしまうと命にかかわることになります。
カスタムをして整備をした直後は快適だったとしても、少し慣らしてみたら急激にブレーキが利かなくなるといったトラブルが起こることもないわけではありません。特に注意が必要なのが中古パーツを利用した場合で、劣化が急激に進行してしまってブレーキが利かなくなるリスクが高いのです。

ブレーキのカスタムをしたときには車検を通らない可能性も高くなるため、その都度元に戻すことが基本になります。何度もブレーキ周りをいじっているとパーツの交換が必要になりがちです。その影響でメンテナンスコストもかさんでしまうリスクがあることは念頭に置いてブレーキ関連のパーツのカスタムをしていきましょう。最初にカスタムをする時点でカスタムショップに相談し、交換が必要になりそうなパーツを合わせて交換してしまっておくのも賢い方法です。

また、ハーレーのマフラーなどをカスタムしている場合にも注意が必要な点があります。馬力が上がっているようなときにはその分だけブレーキも利くように調整することが重要です。安全に運転できるようにしなければハーレーをせっかくカスタムしても安心して楽しめなくなってしまいます。

ハイスペックのハーレーを目指してカスタムしていく場合には、バランスを考えてブレーキ周りを整えるようにしましょう。

ハーレーチーム