ハーレーの眺め

大切にカスタムしたハーレーを眺めるのもハーレーからの眺めも最高です

中古ハーレー購入時に失敗しないためにはどうすればいいか?

ツーリング

中古車両の購入で失敗しないためには利用用途を予め想定することが大切です。ハーレー購入者はデザインから決める人が多いですが、乗り方や使い方を考えて購入すると無駄がありません。中古ハーレーを練習用に購入する人とロングツーリングが目的の人では用途が違います。使用目的にあったハーレーを選べば乗車回数が増えるので満足度の高い買い物ができます。

次に気になるのは予算です。ハーレーは新車だと高価ですが、中古車なら80~170万円位の価格帯が主流です。掘り出し物なら50万円程度で手に入る場合もあります。購入時はクレジットローンやハーフアップローンを利用すれば余裕を持って支払い可能です。高い買い物なので購入場所は慎重に決めるべきです。オススメは自動車公正取引協議会の品質評価実地店です。品質鑑定士を設置している店舗も同様に信頼度が高いです。整備を行い消耗部品を新品に交換して販売価格を設定しているので価格が高めに設定されていますが、購入後に修理や交換を行う手間を考えればコストパフォーマンスに優れています。

ハーレーの販売店舗を選ぶ場合は価格の安さよりも、整備の度合いやアフターケアに重点を置くと満足度が高いです。ハーレーは購入後の整備が重要ですが、メーカー保障の権利譲渡はディーラー店でなければいけないという決まりがあり、保障があるのに正規販売店以外で購入すると保障を受けられない場合があるので注意がしなければいけません。中古ハーレーの相場はマーケットで人気が出ると値が上がるため、購入価格を抑えるならマーケットの動向に注目する必要があります。冬場は底値になり中古車の台数も増えるので、狙うなら冬場がオススメです。マーケットは2月中旬から動き、それに伴い販売価格が上昇します。春先から夏中盤には品数が減り、目当ての車種を探すのが難しくなります。