ハーレーの眺め

大切にカスタムしたハーレーを眺めるのもハーレーからの眺めも最高です

愛用のハーレーにキズをつけない洗車道具の扱い方とは

エンジン

ハーレー乗りにとって愛車のお手入れも楽しみのひとつと言えます。泥だらけになったハーレーを綺麗に洗ってぴかぴかに仕上げるのはやりがいがありますが、その一方で洗車道具の選択を誤ると愛車をキズだらけにする結果になりかねません。汚れが落ちれば何でも良いというわけではなく、愛車のボディを優しく労わりながら丁寧に洗車を行うことが重要と言えます。特にハーレーの象徴とも言えるクロムメッキはキズがつきやすいので注意が必要です。ハーレーのボディにキズをつけずに洗車を行うにはパーツごとに専用の洗車道具を用意するのがもっとも確実な方法になります。これは場所によって汚れが付着する量に違いがあり、洗車道具が汚れる頻度も異なるためです。

特にタイヤなど車体の下部はがんこな汚れがつきやすく、洗い流すのは容易ではありません。汚れの中に混在している砂利や鉄粉などの固い異物はボディを傷つける元凶なので、あるパーツの洗浄に使った道具は決して他のパーツに使ってはいけません。汚れを分解して洗い流すバイク用シャンプーについては安価な量産品でも最低限の効果は得られますが、稀にボディの変色やメッキの剥がれなどのトラブルを引き起こすことがあります。愛車を傷めずに汚れを落とすなら多少は割高ですが、ハーレー純正のシャンプーを使うのが賢明な判断と言えるでしょう。汚れの再付着防止やツヤ出しの効果もあるので、ぴかぴかの状態を長く保つことができます。

ハーレーの洗車は汚れを落とすこと以外にボディを傷つけないようにすることが重要なポイントです。洗車道具の扱い方が傷の有無に大きく影響するので、汚れの度合いを考慮したうえで洗車を行うのが愛車を綺麗に仕上げる秘訣と言えます。